塩鍋に煮込まれて

わたなべとの歩み

現場を我慢しなかった就活生の話(追記しました)

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ヨーグルです。

 

この度、ヨーグルは内定をいただきました。

 

 

3月から続けてきた就活が、

やっと、やっと、終わりました。

 

 

しょーたはもちろんのこと、

フォロワーの皆様にもたくさん救われてきました。

 

本当に心から感謝します。

ありがとうございます。

 

 

 

なんとか、ひと息つきましたので、

ヨーグルの就活記録みたいなものを

書こうかなと。

 

 

 

ー2月

 

ヨーグルが就職活動を始めたのは、

2月の終わり頃。

就活解禁は3月1日なので、

そのスタート前に合同説明会へ足を運びました。

 

この頃は、

「あ~就活したくねぇ~まじだる~」

なんてことを友達と言い合う余裕がありました。

 

でも1ヶ月後に祭りが待ってるからがんばろ~!

と、嫌々スタート地点までトボトボ歩いていたような感じでした。

 

又、2月は現場が1つもない月だったので、

ただでさえすごく寂しくて辛い月でした。

 

 

ー3月

 

就活が解禁し、企業が募集を始めました。

ヨーグルも興味のある企業に少しずつエントリーし始めました。

この頃はひたすら興味のあるところにエントリーしていたので、今思えば大手の人気企業ばかりでした。

 ほぼ毎日のように説明会に足を運び、バイトも週1程度に減りました。

 

それを乗り越えた後の3日間の祭りは、

本当にとてつもなく幸せで、

1ヶ月がんばってよかった!と心から思えました。

よろしければ祭りのレポブログをどうぞ。

 

 

ー4月・5月

 

この2ヶ月は、就活期間の中で一番がんばっていた時期でした。

企業の説明会に足を運びながら、面接も受け始めた時期です。

筆記試験で自分のバカさを改めて痛感したり、

面接で吐くほどの緊張とプレッシャーを経験したり、

ダメ人間ながら、一生懸命自分の力を振り絞ってたと思います。

 

そして、この2ヶ月これほどがんばれた理由

 

それは間違いなく滝沢歌舞伎です。

 

 

4月・5月合わせて数回足を運びました。

 

面接を受けて、その後スーツのまま観に行った日もありました。

 

今日がんばったらしょーたが待ってる。

 

そう考えながら、踏ん張っていました。

 

 

しょーたのファンじゃなかったら、

ジャニヲタじゃなかったら、

辛い時どうなっていたかわかりません。

 

本当に数え切れないほど救われたし、

毎日がんばって生きてこれたのは本当にしょーたのおかげなんですよね。

 

彼には絶対に話せないほど重たい話ですけど笑

 

 

それでもどうしようもないくらいしんどい時もあって。

4月の半ば、大学のキャリアセンターへ相談に行った時、

運悪くすごくキツい女の人が担当で、

まぁーストレートにいろいろ言われて、

相談中もずっと涙が出そうなのを堪えていて。

 

でも大学を出た瞬間、堪えていた涙が一気にボロボロボロボロ止まらなくなって、

生まれて初めて外を歩きながら泣くってゆー。笑

 

その後バイトだったので、思わずバイト先に着いた瞬間大泣きして、皆に励ましてもらったこともありました。

 

 

 

あ、でも5月超いいことあった。

 

キントレの当落!!!!!

 

ヲタク史上最強に強運を発揮しましたね。

 

まず自名義ですのすと初日を当てた時点でもうやばいなと。

 

神様っているんだ!!!!!

とがちで思いました。

 

がんばってよかったなって

 

 

ー6月・7月

 

この2ヶ月は就職活動をしている中で一番辛かった時期でした。

本当に今生きてるのが奇跡レベルで。

 

ご飯もあまり食べれなくて、体重が減り始めたのもこの時期。

未だに体重戻ってないんですけどね。

 

 

4月・5月に受けた企業は次々と落ち、

まわりは内定をもらい始め、

関わる人も限られてきた時期でした。

 

大学の友達とはジャニヲタの2人にしか会っていませんでしたし、他の友人とは連絡も取っていませんでした。

 

気を遣われるのもしんどかったり、

本当に何もかもが嫌でした。

大学に行くのもすごく辛くなって、

就活の話には耳を塞ぎたくなっていました。

 

気にしたくなくてもまわりが気になって、

本当に皆消えてしまえと思ってた時期です。

 

どんどんまわりばかり明るく見えて、

私の目の前はずっと真っ暗

そんな感じでした。

 

 

私はこれまで業界を絞りすぎていて、

本当に興味のあるとこしか受けてこなかったんです。

 

私めちゃくちゃ頑固だし妥協出来ないめんどくさい人間なので、

「とりあえず」が出来ない性格なんですよね。

 

だから、滑り止めとかそういう考えも出来なくて。

 

「どっか受けておかないと就活失敗するよ」

とキャリアセンターのクソババry女の人に言われた時も、

そんなこと出来ねぇよと思ってました。

 

でも、本当に失敗してるなぁと。

でも、どうしてもそれが出来ない自分。

 

なんでもっと柔軟になれないのか、

本当に悩みました。

 

 

それでも少しずつ視野を広げ、

幅広い業界を見始めました。

 

だからこの時期は本当にいろんな企業の説明会に行きました。

 

 

そして、この2ヶ月何が辛かったかって

現場が1つもなかったんですよ!!!!!笑

 

ほんとにね、よく生き延びれましたわ笑

 

 

でも7月はとんでもなくハッピーなこともありました。

 

キントレチケの発送です。

 

またキントレかいみたいなね。

 

 

これまたほんっとに強運を発揮しまして...

自名義はもちろんなんですが、

友人が本当に皆運がすんごいことすんごいこと。

 

本当にね、夏の楽しみのためにがんばろうって思えました。

 

でもさすがに7月に入ってからは、

もう夏休み前に内定もらうのは無理だなと。

 

これまた辛かったです。

 

夏休み前に決めなきゃいけないルールなんてないけれど、

本当は内定をもらって心を軽くして夏現場に行きたかった と。

 

 

とにかくこの2ヶ月は毎日のように泣いてました。

バイトも2ヶ月で3回くらいしか入ってなかった気がする。

心身がボロボロになってくのがめちゃくちゃわかって辛かった!とにかく!

 

 

あ、あとこの頃のクズエピとしては、

すのクリエ全日並びに行ったことです笑

(全滅でした)

 

 

ー8月

 

そしてやってきました夏休み!

 

私は8月に入る少し前に決めたことがありました。

 

8月は就活休もう  と。

 

ここまでずっと突っ走ってきて、

心身共にボロボロになって、

シンプルに「休みたい」と思ったんですよね。

 

それに、8月は現場がたくさんあるし、

気分転換に専念する時期かなって。

 

8月の頭に1社だけ選考があったので、

それだけ受けてその後は思いっきり楽しみました!

 

8月の2週目はほとんどexにいました笑

もう本当に幸せな週でした。

 

この時しょーたに、

まだ内定もらえてないんだー と手紙に書きましたね~友達かよみたいな笑

 

歌舞伎の時に就活をしていることを手紙に書いたから、

あ~、私まだこんなことしてるんだなって

少しだけ悲しくもなった。

 

そして3週目は叔母の家に遊びに行って、

完全に就活から離れてのびのびと息抜きしました。

 

その週にもまたキントレに行き、

ふぉゆの舞台にも行きました。

 

あ~、このままこんな幸せな時間が続いてほしい~

なんて思ったけれど、

また再スタートしなければいけません。

 

これだけ休むと、再スタートの壁がすごく高くなってしまうんです。

 

するといいタイミングで合同説明会があり、

ふぉゆの舞台の次の日に私は合同説明会へ行きました。

 

 

合同説明会は自分のペースでブースをまわれるし、

帰りたくなったら帰ればいい。

 

再スタートにはもってこいでした。

 

そんな感じで、とっても軽い気持ちで足を運んだんですが、

 

私が内定をもらった会社と出会ったのはこの合同説明会だったんです。

 

わからないものですよね。

 

 

その週にもキントレがあったので、

また息抜きをして、

その会社ともう1社の履歴書を書く作業に取り組みました。

 

そして8月の最終週、書類が通り、内定をもらった会社の筆記試験と面接へ。

 

再スタートしたばかりだったので、

書類が通るだけで舞い上がるほど嬉しかった...。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

私がこの就職活動の中で

 

 

一番しょーたに救われた出来事がありました。

 

 

8月の終わり頃、ちょうど再スタートした頃だったと思う。

 

 

雑誌のしょーたのインタビューを見たら、

 

 

 

 

 

 

f:id:yooogrugru:20170921234001j:image

 

 

 

 

 「就活生もいいよね」

 

 

 

 

 

 

 

えっ...............

 

 

 

もう、泣き崩れました。

 

 

最初CAがなんだって言っててなんだコノヤロウとか思いながら読んでたのに。

 

 

 

 

 

しょーた...............

 

 

しょーたって........

 

 

しょーたって...............

 

 

大っっっ好きだ........

 

 

心から思った。

 

 

はたから見たらめっちゃ変態な発言だと思う。

 

 

でも私は本当に救われた。

 

 

すぐに友人に送りまくりました笑

 

友人も皆笑ったりせず、よかったねって、

私と同じように喜んでくれて。

 

本当にしばらくずっと号泣してました。

 

 

 

元々嫌いなスーツを嫌々着て、

雨の日もクソ暑い日も

街に就活生が減った時期も

 

ずっとずっとがんばって着てきた。

 

 

 

しょーたはそんなスーツが好きだと言ってくれて、

しかも就活生って。

 

 

もう私信かよって思いましたね。

 

 

 

歌舞伎にスーツで行ったの勝訴だったなって

思いました笑

 

 

本当にこの出来事はめちゃくちゃ大きかった。

 

次の日から胸を張ってスーツで歩くことが出来た。

 

 

 

先日ファンレターでしょーたにそのお礼を伝えたけど、

しょーたにとっては何気ないくだらない発言だと思う。

 

でも、そんな発言でさえ誰かをこうして救うことが出来る。

 

アイドルってすごいなって、

 

素直に思いましたね........。

 

 

 

 

さて、話を戻します。

 

 

その後なんと面接が次々と通り、

生まれて初めて最終面接に行くことが出来たのです。

 

筆記試験ボロボロだったのになんで!?

とただただびっくり。

 

 

(ちなみにですが、

私は算数から出来ないほど数字が弱く、

皆さんが想像している百億倍勉強が出来ません。)

 

 

 

 

それに3次面接の日、停電で大規模な電車の運転見合わせに巻き込まれるという。

半泣きでパニックになりながら会社に電話しました。笑

でも会社側が本当に神対応で、

会社で料金は払うのでタクシーで来てくださいと言ってくださったんです。

 

本当にご縁を感じました。

 

それでもタクシーがなかなか捕まらなくて、

その後も半泣きでしたが笑

 

 

そしてやっとタクシーに乗り込み、

汗を乾かしながらタクシーに揺られていると、

 

 

 

嘘みたいな光景が窓の外に見えてきたんです。

 

 

 

 

日生劇場~~~!!!!!!!!号泣

 

からの帝劇だぁぁぁぁぁぁぁぁぁ号泣

 

 

 

タクシーが、日生劇場と帝国劇場を通ったんです。

 

もう本当にあの時のことは忘れないですね。

 

本当に輝いて見えた。

 

 

少年たちの1週間前だったので、

 

そうだよ私には楽しみがあるじゃん!

来週笑顔でここに来るためにがんばってるんじゃん!

がんばろ!!!私!!!

 

と自分に言い聞かせて、

一気に涙も汗も乾き、

面接に向けて気合いが入りました。

 

 

 

私はこの会社の選考を受けていく中で、

今までと違う自信と気持ちがありました。

 

 

面接を受けた後必ず、

私絶対通ったな

と思うようになったんです。

 

すごく自信を得ることが出来るようになって。

 

 

それから、

 

絶対ここで決めてやる!!!

 

という気持ちが強く芽生え始め、

 

気合いがはんぱなくなりました。

 

だから最終面接に進めた時は、

本当に本当に嬉しくて、

 

絶対に勝ち取ってやる!!!

と強く思いました。

 

 

そして最終面接の日、

なんと少年たちの日だったんですよ笑

 

これまたなんか変なご縁を感じてしまった(?)

 

 

しっかりと自分の意思を伝えて、

面接を終えました。

 

でも、最初は営業をやらなきゃいけないということを伝えられ、

達成感よりもそれに対しての不安でいっぱいの帰り道でした。

 

いや、でも、とりあえず今日は少年たちを楽しも~!!!

 

とすぐ切り替えましたが笑

 

結果は週明けに連絡すると伝えられたのですが、

月曜日に連絡が来なくて、

 

え~サイレントはしんどいよ~

と思いながらも希望を持って連絡を待っていました。

 

そして火曜日

 

連絡が来ない.....

 

でもこの日は少年たちだったので、

待つことを諦めて日生へ向かいました。

 

有楽町駅に着き、もう少しで日生に着くと思った瞬間

 

 

 

電話来たああああああああああああ

 

いやタイミングまじかよ

 

 

 

まさかのこのタイミングで。

 

 

そして電話に出ると、

 

 

内定 と。

 

伝えられました。

 

 

もう本当に、このタイミングにもびっくりしたし、

なんだかまた変なご縁を感じてしまい。

 

 

放心状態のまま日生に行きました笑

 

 

 

でも私はこの時気づいたんです。

 

一番最初に報告出来るのが

 

しょーた だと。

 

なんかもう、すごいよね。

 

タイミング。

 

 

もうめちゃくちゃ嬉しくて........

 

早くしょーたに伝えたくてたまらなかった。

 

直接会えるわけではないけれど、

その日の公演は少しだけ特別でした♡

 

 

そして私は1週間じっくりじっくり考えました。

 

営業.....それによって服装も限られてしまう

 

すごく迷いました。

 

 

でも、

ずっとずっと上手くいかなかった私を受け入れてくれた。

筆記がボロボロな私を受け入れてくれた。

面接でありのままの自分をたくさん出すことが出来た。

アクシデントがあった時も、親切に対応してくださった。

 

たくさんのご縁を感じたんです。

 

 

うん、私はここできっと大丈夫だ。

 

そう感じて、

 

ここに決めようと決断しました。

 

 

 

なんだかすごく長くなってしまったけれど、

そんなこんなでヨーグルの就活は

やっと、やっと、終わりました。

 

辛かった思い出しかないし、

振り返ってもいい経験だったなんて思えないし、

綺麗な話には出来ません。

でも、自分のまわりには本当に最高な友人がいると、改めて気づくことが出来たのは就活のおかげです。

それはTwitterのフォロワーも含めて。

 

本当に感謝しきれません。

 

これからもきっとたくさんお世話になります。

 

 

 

そしてしょーた

 

ありがとうすぎるよ♡

 

 

 

ってことで、

皆さんもこれから就活をする時は、

自担を思いっきり頼ってください。

 

自担はいつでもそばにいます。

 

それから、自分を信じること。

 

人に言われたことが100%じゃない。

 

ヨーグルはとてつもなく頑固だから、

たくさん遠回りしたけれど、

その頑固さを貫いたからこそ

この会社に出会えました。

 

プロに相談することも必要だけど、

自分の意思を一番に。

 

それから心身の健康が一番です。

 

休むことも必要だし、

現場も大事。

 

ヲタ活をセーブして就活していたら、

もっと早く決まったかもしれないけど、

セーブすればよかったなんてこれっぽっちも思わない。

 

人生楽しいのが一番ですから!!

 

 

 

f:id:yooogrugru:20170921034340j:image

 

 

このブログで誰かを少しでも救えますように。