塩鍋に煮込まれて

わたなべとの歩み

視線遊戯

 

 

 

 

そして物語の終盤、
 

 


『君にこの歌を』
 


 
を歌うところで、
 
 
しょーたが私の斜め前にいたんです。
 
 
 
その歌唱中、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
数回しょーたと目が合ったんです。
 
 
 


 
歌いながら、
しょーたが私に視線を動かしたんです。
 

 


顔は正面を向いたままで、
瞳だけ動かす感じです。
あの目の動きを今でも覚えてます。
 
 
 


 
♪君はー チラッ このー歌ーをー いつもー歌 チラッ ってくれーーー
 
 

 


みたいな感じです。

 
嘘みたいなほんとの話です。
 
 
 
その時の表情に近いのはこれです
 ↓
 

 
 f:id:yooogrugru:20170526225024j:image

 


冷たすぎない感じです。
 
冷たさに少しだけ寂しさが入っている表情というかなんというか...めちゃくちゃ表現しづらい。
 
 
 
 
何よりこの時、
何度目が合っても、

目をそらしたりドキッとしたりすることなく、

冷静にただただしょーたを見つめていた自分に

今思えばえます。
 
 
 
自分強いかよ...............
 
 
心の中はかなりやべぇと思ってましたが。
 
 
なぜかすごく冷静でした........

 

 

 

 

 

男慣れすらしていない私が

 

 

ジャニーズアイドルと

 

 

目が合っても

 

 

冷静。

 

 

 

 

 

 

一体私の身に何が起きたのでしょうか。

 

 

 

 

 

まぁまだ本題はここからなんですがね。

 

 

 

 

 

私が、人格を狂わされたと

確信した事件は

ショータイムに起こりました。

 

 

 

 

トーリーが終わり、ラストのショータイムへ

 

 

 

 

目が合ったことにより、

しょーたしか見れなくなってしまった私は、

 

もちろんショータイムでもずっとしょーただけを目で追っていました。

 

 

 

 

ここで私、

 

 

 

 

意地でもしょーたには落ちねぇぞ

 

自分を抑えまくっていたため、

 

 

 

 

ペンラをひーくんカラーにしていたのです。

 

 

 

 

しかし、しょーたから目を離すことは出来ず、

 

 

 

 

ペンラをひーくんカラーにしたまま

しょーたのことを目で追う

 

 

 

 

という

 

 

 

なんとも悪質な行為をしてしまったのです。

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

このショータイムの時間の中でも

 

 

 

しょーたと目が合ったのですが

 

 

 

 

 

何回目が合ったか覚えてないほど

 

 

十数回レベル

 

 

 

 

目が合ったんです。

 

 

 

 

 

ほんとに嘘のような話で

 

 

私もいまだに意味がわからないくらい

 

 

 

 

 

チラッ

 

 

 

 

と目が合って、

 

 

 

 

一瞬で冷たく逸らされる

 

 

 

 

の繰り返しでした。

 

 

 

 

もう、それがたまらなくて...............

 

 

 

 

えっ、逸らされた........泣

 

 

 

ではなく、

 

 

えっ、逸らされた........///

 

 

って感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

お気づきですか

 

 

 

 

 

 

 

 

私くそドMになってますよね。

 

 

 

 

 

やばくないですか。

 

 

 

 

これもかなり人格わされた案件なのですが、

 

 

 

 

この少年たちで

 

最もヤバイと思ったのはこの後なんです。

 

 

 

 

 

 

十数回目が合い、その度に冷たく逸らされ、

 

最初はひたすら萌えていたのですが、

 

 

 

しばらくすると、

 

 

 

 

 

 

 

「「「なんか悔しい」」」

 

 

 

 

 

 

 

そんな感情が芽生えてきたわけです。

 

 

 

 

 

私ばっかり冷たく逸らされて

 

 

なんか悔しい。

 

 

 

 

 

 

冷静に考えてこの感情が芽生えてる時点で

かなりヤバイのですが、

 

 

 

 

 

ここで私、

 

 

あることを計画したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「次しょーたと目が合ったら私から逸らそう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

......................

 

 

 

 

お分かりでしょうか。

 

 

 

完全に人格をわされています。

 

 

 

私は計算高い女ではありませんし、

 

先程も言いましたが男慣れすら

 

していません。

 

 

 

 

 

そんな私が

 

 

 

こんな発想を。

 

 

 

 

 

ヤバイ

 

 

 

 

 

そもそも生でアイドルを見ている時に

 

そんなことを考える余裕があること自体

 

かなりおかしな話ですよね。

 

 

 

 

自分でもわかりません。

 

 

 

 

でも、

 

こういうこと考えるともう目合わなかったりするんだよな

 

と思い

 

 

 

わりと力を抜いて見ていたんです。

 

 

 

そしたらまぁ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が合ったんですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘みたいですよね。

 

 

 

それで私計画実行出来たと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来たんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しょーたとバチッと目が合った瞬間、

 

 

サッと冷たく目をそらしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何してるの?????????

 

 

 

 

私どうしたの????????

 

 

 

 

そんな子じゃなかったよね!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

 

 

果たして

 

 

しょーたの力が恐ろしいのか

 

 

私の人格が恐ろしいのか

 

 

 

 

どちらなんでしょうか。

 

 

 

 

 後日、佐久間の女が書いてくれた

  

 

f:id:yooogrugru:20170527203337j:image

 

 

 

 

くっそにやける。

 

 

 

これいまだに飾ってるんですよ。

 

 

 

わらう。

 

 

 

 

 

 

皆様ここまで読んでくださり

本当にありがとうございました........。

 

 

 

 

少年たちの話はここで終わりますが、

 

 

しょーたとのお話はまだまだ

書いていこうと思っています。

 

 

よろしければ読んでください。

 

 

 

 

 

(これを読んで私の見方が変わった方、どうか離れないでください.....悪い人じゃないです........←)

 

 

 

 

そしてなにより

 

 

誰より

 

 

ひーくん

 

 

本当にすみませんでした!!!!!

 

 

一番の被害者ですよね。

 

 

すみませんでした...............。