塩鍋に煮込まれて

わたなべとの歩み

近過笑不止病

 

 

 

 

さぁ

 

やって参りました。

 

 

 

 

2016年9月21日

 

 

 

 

 

少年たち

 

 

 

 

 

実はこの一週間前(たしか)に

一度1人で観に行ったので、

内容などは把握済みの状態で行きました。

 

一週間前は2階席だったので、

 

 

 

 

 

私次あそこ座るのかよ...............

 

 

 

 

 

と、上からXB列を見ながら震えていました。

 

 

 

でもその二階席も前から3列目で

かなりいい席だったんですよ!!!!!

 

お友達が貸してくれた名義だったので

ありがたいです。

 

 

 

 

 

いざ、

日生劇場

 

 

 

 

 f:id:yooogrugru:20170525014450j:image

 

 

 

 

フゥウウウウウウウウウウウ!!!!!!

 

 

 

 

 

 

もうこの日までドキドキすぎて

気が気じゃなかったです。

 

 

 

そして、

 

いざ客席へ...............

 

 

 

 

...............

 

 

 

 

...............

 

 

 

 

...............

 

 

 

 

 

 

いや、

 

 

 

近。

 

 

 

近すぎて目の前が見えない。

 

 

 

 

 

首!!!首!!!首!!!

 

 

 

 

訳:首をかなり上に曲げないと

ステージ全体が見えないので、

首をすごく使う。首やばい。

 

 

 

 

 

そして、

 

少年たちの幕が上がりました。

 

 

 

 

 

 

まず、

 

 

あおい輝彦さん(ナレーションを担当)の

声でっけぇ笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑

 

 

 

わりと端の席だったので、

 

スピーカーが鬼近いんですよ笑笑笑笑笑笑笑笑

 

 

 

いや、

 

声でか笑笑笑笑笑笑笑笑

音でか笑笑笑笑笑笑笑笑

 

 

 

って感じでやばかったです。

 

 

 

 

そして、

 

 

 

ジェシーとひーくんがかっこよすぎて

笑いが止まらなかった。

 

 

 

 

 

ひたすら近い。

 

 

とにかく近い。

 

 

 

 

 

彼らに毛穴が一つもないことを

確認出来るレベルの近さです。

 

 

 

 

 

近すぎて笑いが止まらない

 

 

 

 

 

あなたはこんな経験したことありますか!!?

 

 

 

 

「近すぎて笑いが止まらない」

 

 

 

 

私は生まれて初めてでした。

 

 

 

 

 

生まれーてーはーじめぇてーーーーー♪

 

 

 

 

 

神田沙也加歌って~~~!!!

 

 

結婚おめでと~~~!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

本当に本当に、

 

笑いが止まらないんです。

 

 

 

 

しかも彼ら

めちゃくちゃステージスレスレまで

来るんですよ!!!!!!!!!!

 

 

 

もう、

 

 

 

きたぁぁぁぁぁむりぃぃいいいいい笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑

 

 

 

って感じでした。

 

 

別に彼らの顔がおもしろいとか

そんなんじゃないんですよ。

 

 

 

それの繰り返しです。

 

 

 

 

 

そして、私が未だに思い出すと

第2子を妊娠しそうになるのがこちらです。

 

 

 

 

劇中の『♪俺たちは上等』で、

 

 

 

俺たちが~~~、ルーゥールーーーー♪

 

 

 

というところがあるのですが、

 

 

 

俺たちが~~~ の後に、

 

 

しょーたが吐息を漏らしてたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

俺たちがぁ~~~~~ッハ

 

 

 

 

 

って。

 

 

 

ッハ

 

 

 

って。

 

 

 

もう一度言いますか?

 

 

 

ッハ

 

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

しかもそれが、

 

マイクを通した吐息ではなく、

 

 

 

 

 

すぐそこから聞こえてきた吐息

 

 

 

 

だったんですよ

 

 

 

 

わかりますか!!!!!!????

 

 

 

 

しょーたの吐息

 

つまりしょーたの息

 

つまりしょーたの生きている音

 

 

 

 

その音を

 

生で

 

聞いたんですよ。

 

もうすぐそこから聞こえてきたんですよ。

 

 

 

 

いや、あの時ほんとに龍我デキかけてました...............。

 

 

あの時妊娠してたら龍我あんなに手脚成長

してなかったかも........(?)

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

結構これ序盤なんですけど、

 

もうなんかその時点でやばいと思っていて。

 

 

 

 

 

ですが皆様

 

 

 

 

 

覚えていますでしょうか

 

 

 

私は、

 

 

ひーくんに降りよう

 

と決めましたよね。

 

 

 

 

忘れてませんよ。ええ。

 

 

 

今日はもうしょーたではなく、

ひーくんのファンとして

 来ましたから。

 

 

 

ペンラもちゃんと黄色にするって

決めてますから。ええ。

 

 

 

やっぱりね、うん、

 

これだけ近くで見ちゃうとね、うん

 

まぁちょっとはドキッとするよね、うん

 

 

別にしょーたにはもう落ちないし?????

 

戻らないし????????

 

揺らがないし???????

 

 

うんうんうんうんうんうんうん大丈夫うん

 

 

 

 

まだこの時点では、

 

 

やばい、しょーたに戻りそう

 

 

とは

 

思ってなかった記憶があります。

 

 

 

 

 

なんだかんだこれだけでも

文章長くなってますね........

 

 

まだメインの事件のことや、

日生劇場で入館料が発生しそうになった話

 

 

たくさん話したいので、

 

事件のことを話すのは

次の次くらいになりそうです。

 

 

読みやすい内容量にするために、

すごく焦らしてしまって

申し訳ないです。笑

 

 

でもここまで焦らしてハードルを上げても

 

全然いける(何が)くらい

 

なかなかやべぇので

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

あのね、

 

しょーたがやばいとかじゃなくてね、

 

 

 

 

がやばいんだよ