塩鍋に煮込まれて

わたなべとの歩み

きっかけを探す旅に出よう

 

 

 

そもそも

いつからしょーたを好きになったのか

 

 

そこから書き始めなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私

 

しょーたを好きになったきっかけを

 

 

 

 

 

まったく覚えてないんですねはい。

 

 

 

 

 

 

ほんとに。

 

 

 

出会いも何も覚えてません。

 

もちろん時期も覚えてません。

 

 

 

 

 

なんちゅーこっちゃ

 

 

 

 

 

 ただ一つ覚えているのは、

 

 

こんなにズブズブとハマる前から

 

 

 

しょーたの顔がどちゃくそタイプ

 

 

 

だったということです。

 

 

 

 

「見た目が私の本来のタイプに一番近いのはなべしょ」

 

「ジャニーズの中で顔が一番タイプなのはなべしょ」

 

 

と言いまくっていました。

 

 

 

 

従って、

 

 

 

 

「本命にはならないけどね笑」

 

「応援する気にならないもん笑」

 

「絶対付き合いたくない笑笑笑笑笑」

 

「なべしょに本気になったら終わりだよね笑笑笑笑笑笑笑笑」

 

 

 

なんてことも言ってました。

 

 

 

 

 

 

なべしょに本気になったら終わり...............

 

 

 

 

 

 

 

 

終わってますよ、今。

 

 

 

 

 

 

 

今こんなことになってるなんて知らずに

 

 

あの頃の私は

なんて呑気に生きていたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

可哀想に。

 

 

 

 

 

 

 

って感じで、

 

 

元々しょーたの顔はとてつもなく好きだったわけであります。

 

 

 

 

 

この前気になってLINEを遡ってみたところ、

 

 

 

2015年の秋頃は

まだすのの魅力に気づいていませんでした。

 

 

 

 

すのはいいや~ レベルでした。

 

 

 

 

わかんないもんですね。

 

 

 

それでも、

その時すでにしょーたの顔が好きだったことは確かです。

 

 

それは覚えています。

 

 

 

 

ただの、

 

しょーたの顔大好きお化け

 

 

 

でした。

 

 

 

 

 

 

f:id:yooogrugru:20170522111634j:image

 

 

 

 

かわいい。

 

 

 

 

 

そんな私が初めてしょーたに会ったのは

 

 

2015年の冬です。

 

 

その話はまた次にお話しましょう。

 

 

 

それではまた。

 

ヨーグルでした。

 

 

 

(結局きっかけ見つかってねぇじゃん)